ドローン農薬散布

農薬散布専用お電話番号

070-2645-5564

LINE

ID: dpkk1

アカウント名:ドローンパイロット

ドローン農薬散布とは
作業風景01

これまで主に無人ヘリコプターによって実施されてきた農薬の空中散布を、 ドローンを使って行うというものです。ドローンは無人ヘリコプターと

比較して扱いやすく、価格も安いため、労働負担の軽減や、作業性の向上、 コスト削減効果が期待できます。

 

※ドローンで作業を行うには「産業用マルチローターオペレーター技能認定証」が

 必要です。

利用者の声

アセット 25.png
利用者の声01

真夏の手散布が

とても楽に!

暑い時期や寒い時期の農薬散布作業が

​比べものにならないほど

「楽」になりました。

利用者の声02

農薬吸引の心配なし

安心安全!

手散布していたときはどうしても

農薬を吸引してしまう心配がありました。

ドローン散布によりその心配が

​ほとんどなくなりとても安心です。

作業風景02
農業の明るい未来の為に

いわゆる「スマート農業」にも相性が最もいいとされるのがドローンの活用です。
今後10年、20年でピンポイントで必要な場所だけの農薬散布が発達すれば、作物への負荷も少なくなり、薬剤のコスト削減にもつながるかもしれません。
金岡光輝園はこれから未来へと続く「農業 × IT」のお手伝いとして、まずはドローンをフル活用し皆様の農業支援をサポートさせていただきたいと考えています。いわゆる「スマート農業」にも相性が最もいいとされるのがドローンの活用です。
今後10年、20年でピンポイントで必要な場所だけの農薬散布が発達すれば、作物への負荷も少なくなり、薬剤のコスト削減にもつながるかもしれません。
金岡光輝園はこれから未来へと続く「農業 × IT」のお手伝いとして、まずはドローンをフル活用し皆様の農業支援をサポートさせていただきたいと考えています。

ドローンパイロットの紹介

アセット 26.png
ドローンパイロット01
DJ1JAPAN株式会社UTC運営事務局_中村-拓真.jpg

中村 拓真

加入保険:AIG損害保険株式会社

保有資格:農業ドローン技能認定オペレーター/SPECIALIST

     農薬管理指導士 2級造園技能士

 

なによりも安全第一・法令遵守でドローンを運行します。

ドローンによる農薬散布だけではなく、空撮や測量などの

機体も経験しています。

ドローンパイロット02
DJ|JAPAN株式会社UTC運営事務局_初田-健一.jpg

初田 健一朗

初田健一朗

加入保険:AIG損害保険株式会社

保有資格:農業ドローン技能認定オペレーター/SPECIALIST

     農薬管理指導士

 

お客様に信頼していただける仕事を心掛け、安全第一、

法令遵守で作業を行います。

所有機体

アセット 25.png
DJI AGRAS MG-1PRTK

DJI AGRAS MG-1PRTK

DJI AGRAS T20

DJI AGRAS T20

ドローン農薬散布動画

アセット 26.png

よくあるご質問

アセット 26.png

Q 農薬散布を行うには何人で、どのように作業を行うのですか?

 

A 基本的に操縦するオペレーターと散布作業の補助を行うナビゲーターの 2人以上で散布作業を行います。

1人で作業は国内では推奨されていません。

操縦者を保護するために、オペレーターの付近、手前側は横向きに散布を行います。

そうすることで、機体を操縦者に近づける回数を少なくしオペレーターの安全を確保します。

 

 

Q 飛行中の騒音はどれぐらいですか?

 

A 産業用ドローンは非常に静かで、産業用ヘリコプターのような騒音は一切無いので気にならない音量です。

また大型機はプロペラ形状の見直しや、回転数が少ないので小型ドローンよりも低い音で静かに感じます。

 

農薬散布専用お電話番号

070-2645-5564

LINE

ID: dpkk1

アカウント名:ドローンパイロット