最新のロープ技術を駆使した安全かつ迅速な高所伐採作業

弊社ドローンで撮影した高所伐採の様子

兵庫県最南端“沼島”に位置する神宮寺の大イチョウ剪定作業です。

重機が近寄る事ができないうえに、イチョウの下には建物に加え兵庫県重要文化財に指定された庭園があり剪定枝を落とせないため当社の技術を採用していただきました。

樹木の剪定・伐採の際、高所作業車やクレーンが近寄れない場所にある、また切った枝や幹を建物があるため下に落とすことができない場合にも有効な技術です。

担い手不足のため手入れができず数年放置してしまい、樹木が繁茂し手を付ける事ができなくなってしまうケースが増えてきました。もしお困りの際は、当社のスタッフがお役に立てるかもわかりません。

最新のロープ技術:IRATA

足場・高所作業車が使えない場所でも最新のロープ技術を駆使して安全かつ迅速な高所伐採作業ができる「IRATA」の資格試験に弊社より2名合格いたしました。

IRATAとは

INDUSTRIAL ROPE ACCESS TRADE ASSOCIATION(産業用ロープアクセス協会)の略称です。1992年、ロープアクセス技術の安全な運用と無事故を目的としてイギリスで設立され、第三者による技術認定を行うなど厳格な管理のもと、ロープアクセス技術者の資質向上や新技術の開発などを行っているISOの基準に準拠した世界最大の団体です。

〒656-2131兵庫県淡路市志筑2219 TEL:0799-62-1470
Copyright © 株式会社金岡光輝園 All Rights Reserved.

  • Facebook Clean